イベント・お知らせ

  • 周辺観光

家族でもカップルでも♪夏のおでかけを楽しもう【半日モデルコース】
2022年大江戸温泉物語から行く夏のおでかけ

今年の夏の予定は決まりましたか?
開放的なレジャー施設や定番の名所、知る人ぞ知る名店など夏に行きたいおでかけスポットを大江戸温泉物語からの半日モデルコースでご紹介します♪たくさん遊んで温泉もバイキングもめいっぱい楽しみましょう♪
お子様も大人も楽しめる<家族旅>と、ゆっくり楽しめる<夫婦・カップル旅>をご紹介しているので是非参考にしてくださいね。

ひまわりのライン

家族旅

ホテルから車で約30分

家族全員で楽しみながら恐竜について学べる「3D迷路恐竜館」

「遊び感覚で恐竜を学ぶ」をテーマにした「3D迷路恐竜館」。立体迷路「JUNGO」では、恐竜を探しながら階層のある立体的な迷路を攻略していきます。謎解きゲームでは、館内を巡り、謎を順番に解いていきます。どちらも、家族で協力するのもいいですし、家族間で早く解く競争をするのも楽しいでしょう。全長7mのティラノサウルスや巨大なアロサウルスなどの展示物も迫力満点です。

全長7mのティラノサウルスや巨大なアロサウルス、プテラノドンの骨と模型など恐竜の生体について学べる展示物がいっぱい!
恐竜を見つけながら、階層がある立体的な迷路を無事に抜け出してゴールへ辿り着こう!
3D迷路恐竜館
所在地:栃木県日光市小佐越1-83
TEL:0288-70-1066
受付時間: 10:00-17:30(水曜日定休)

>>公式サイト

3D迷路恐竜館から車で約1分

恐竜の後はおさるにほっこり♪「おさるランド日光さる軍団」

写真提供:(公社)栃木県観光物産協会

恐竜館から車で1分弱と近い場所にある「おさるランド日光さる軍団」。猿まわしの大道芸人・村崎太郎氏が「おさるの楽園」を目指しているテーマパークです。おさるとのけいこの様子を見学するだけでなく、おさるたちと遊んだり触れ合ったりできる点が大きな魅力。赤ちゃん猿との写真撮影やおさるとエアホッケーもできますよ。さるカフェやさる軍団オリジナル商品・おさるグッズ・日光土産のある売店もあり、1日中楽しめます。

おさるランド(日光さる軍団)
所在地:栃木県日光市柄倉763
TEL:栃木県日光市柄倉763
営業時間:平日10:00~16:00(最終入園15:00)/休日・祝日9:00~16:00
ひまわりのライン

カップル・夫婦

ホテルから赤沼車庫まで車で約50分

手つかずの自然を堪能…!低公害バスで行く小田代原から奥日光へ

低公害バスは、奥日光の自然を保全しつつ観光を楽しめるよう、小田代原、西ノ湖、千手ヶ浜周辺の約10kmの距離を走る路線バスのことです。バス車内からは、奥日光の景観を楽しめるほか、ハイキングではなかなか出会えないニホンジカやキツネなどの野生動物を観察できるかもしれません。小田代原からはハイキングコースに接続。戦場ヶ原や湯川・湯滝をたどって湯ノ湖まで足を延ばせます。

三岳の噴火で湯川がせき止められてできた湯ノ湖
写真提供:(公社)栃木県観光物産協会
奥日光に広がる日本有数の湿原、戦場ヶ原
写真提供:(公社)栃木県観光物産協会

赤沼車庫からバスで約30分

低公害バスで行く千手ヶ浜・中禅寺湖!6月の花クリンソウは必見

写真提供:(公社)栃木県観光物産協会
千手ヶ浜は中禅寺湖の西の端にある南北2キロにわたる浜
写真提供:(公社)栃木県観光物産協会
6月頃は可憐に咲くクリンソウが人気!
写真提供:(公社)栃木県観光物産協会
低公害バス
赤沼車庫所在地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町 市野々3434-1
運行コース:赤沼車庫-小田代原-西の湖入り口-千手ヶ浜
料金:
1回乗車につき、大人500円・小人250円
※バスの時刻表は公式サイトをご確認ください。
ひまわりのライン

ご宿泊は大江戸温泉物語 日光霧降で♪
▼公式サイトならお得にご予約いただけます▼

プラン検索はこちら

掲載情報は、記事公開時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
ご利用の際は、事前に公式サイトなどでご確認ください。